top of page

ℹ️ - Marvel's Spider-Man Remastered

経験豊富な写真家でも、これから写真を始める初心者でも、ゲームのフォトモードには多種多様な機能があり、戸惑ったり、圧倒されたりすることがあります。しかし、心配する必要はありません。より良い写真を撮るための第一歩は、各機能がどのように機能し、画像に何をもたらすかを理解することです。


そこで私は、これまでの写真撮影の経験を活かし、フォトモードの各機能を誰にでも分かりやすく説明するガイドを作成しました。

- SPIDER-MAN // REMASTERED -

 

Marvel's Spider-Man Remastered:フォトモードについて解説

Marvel's Spider-Man Remastered」のPS5版とPC版には、Insomniac Gamesのフォトモードが搭載されており、いくつかのカメラ移動オプションと高度なライティングシステムを備えています。ここでは、その全機能を解説します:


カメラモード


フリーカメラです:

LSで前後左右、L2/R2で上下、RSで頭を動かして周囲を見渡すようにカメラのエイム方向をパン&チルトすることで、カメラを自由に動かすことが可能です。移動範囲はスパイダーマンを中心とした大きな球体内に限定されます。


オービットカメラ:

カメラをスパイダーマンに固定し、スパイダーマンの周囲を軌道移動させるだけで、カメラの照準方向を個別に制御することはできません。LSは、カメラをキャラクターに近づけたり(↑)、遠ざけたり(↓)することができます。


自撮りカメラです:

スパイダーマンが携帯電話を使うように腕の長さで持つ、限定的な動きのカメラです。

- PHOTO MODE // CAMERA -


スーツ

フォトモードを終了することなく、現在ゲーム内でアンロックされているスパイダーマンのスーツを交換することができます。


ティルト

カメラを中心に回転させ、水平方向のアングルを変更したり、垂直方向やポートレート方向に反転させることができます。25で時計回りに90°回転、75で反時計回りに90°回転、0または100で180°回転します。


ヒーローの可視性

フォトモードでプレイアブルキャラクターが見えるか見えないかを切り替えます。


敵の視認性(Enemy Visibility):

フォトモードで敵対する敵が見えるか見えないかを切り替えます。これはすべての敵に同時に適用されます。


天候を表示する:

フォトモードで雨粒のようなエフェクトを表示するかしないかを切り替えます。雲や地面の状態には影響しません。

- PHOTO MODE // FIELD OF VIEW -


Field of View(視野):

フレーム内の画角を0~100のシンプルなスケールで狭めたり広げたりすることができます。値を大きくすると、被写体に近づき、前景と背景の距離を縮める望遠効果になります。値を小さくすると、広角効果や誇張された遠近感を出すためにズームアウトします。


露出

画像全体の明るさをコントロールします。値を上げるとハイライトの強い明るい写真になり、値を下げるとシーンが暗く見えるようになります。


フォーカスディスタンス(Focus Distance):

被写体がシャープに見える距離の最大値を設定します。値を大きくするとピントが合う範囲が遠くなり、値を小さくすると近くなります。(可視化するには、「絞り」の値が0以上である必要があります)。


開口部

被写界深度を浅くするために、最大フォーカス距離を超えたオブジェクトに適用されるデフォーカスぼかしの量を決定します。この値を大きくすると、より多くのぼかしが追加され、遠くの光に美しい円形のボケを持つ、柔らかいデフォーカスの背景を作成することができます。


被写界深度範囲近:

前景のぼかしを有効にすることで、物体がシャープでピントが合っているように見える最小距離を設定します。値が高いほどボケが大きくなり、値が低いほどボケが小さくなります。(可視化するには、「DoF Aperture Near」値が0以上である必要があります)。


被写界深度アパーチャ近傍:

DoF Range Near」値で設定された前景領域のオブジェクトに対して、デフォーカスによるぼかしをどの程度適用するかを決定します。絞り」と組み合わせて使用することで、リアルな浅い被写界深度効果を得ることができます。

- PHOTO MODE // DEPTH OF FIELD -


フィルタータイプ:

プリセットのカラーフィルターやスタイルドレンダリングモードを29種類の中から選択して適用し、画像に異なるルック&フィールを素早く作り出します。


ブレンド:選択したフィルタータイプの適用度合いを調整します:

この値を下げると、フィルタースタイルがフェードアウトし、元の画像がより多く表示されるようになります。


フレーム選択:

35種類のプリセットスタイルから選択し、画像の上にあらかじめデザインされたグラフィックサラウンドを適用します。


フレームレベル:

選択したフレームが、ステッカーモードで追加されたステッカーの下に表示されるか上に表示されるかを設定します。

- FRAME // FILTERS -


ヴィネットの強さ

画像の外周に円形の暗めのグラデーションを適用します。値を大きくするとヴィネットの不透明度が増し、より暗く、より見えるようになります。(ビジュアル化するには、「ビネットサイズ」の値が0以上である必要があります)。


ヴィネットの大きさ

ヴィネットの大きさを調整します。値が高いほど、画像の中心部に近い部分まで暗くする効果があります。


フィルム粒径:フィルム粒径の大きさを調整します:

画像に適用されるフィルム状の粒子の大きさを増減します。粒子が大きいと目立ち、画像が拡大されたような印象を与えることができます。


フィルムグレイン強度:フィルムグレインの強度を調整します

画像に適用されるフィルムの粒の大きさを調整します。低い値を使用すると、よりクリーンなショットが得られ、高い値を使用すると、粒子が増加し、フィルム写真の外観をエミュレートすることができます。また、フィルムグレインを追加することで、低光量での撮影がより自然に見えるようになります。


シャープネス

シャープネス効果を適用して、細かいディテールを強調し、質感をより際立たせることができます。この機能は非常にアグレッシブで、強く適用するとエッジのアーチファクトが発生する可能性があることに注意してください。

- SHARPEN // OVERSHARPEN -


セルフィーエモート:

スパイダーマンの表情を選択します。(セルフィーカメラ使用時のみ有効)。


目の強さ

Selfie EmoteでSpider-Manの目の形が変わる度合いを調整します。


セルフィーライト

セルフィーカメラ使用時にスパイダーマンのスマホのフラッシュライトをオン/オフします。


光の強さ:

セルフィーライトの明るさを調整します。

- PHOTO MODE // LIGHTING -


ライティングモード

* スポットライトのみ


ライト1/2/3:

シーン内に最大3つのムーバブルライトを配置し、被写体や周囲の環境に対する照明効果を補完したり、完全に変化させることができます。各ライトは、軌道回転(←LS→)、キャラクターからの距離(↑LS↓)、高さを下げる(L2)、高さを上げる(R2)などの動きで位置を変更することができます。スポットライトの場合は、光線の方向をコントロールすることも可能です(RS)。


スフィア(Sphere):

球状の光源で、全方位に光を照射します。全体を照らしたい場合や、光の当たる面をコントロールする必要がない場合に使用します。


スポット:

一方向にのみ光を照射するスポットランプです。指向性のある照明を作りたい場合や、近くの面を不要に照らすことを避けたい場合に使用します、


強度:

各SphereまたはSpotライトの明るさをコントロールし、強度が高いほど明るい光になります。


影を投げる:

各SphereライトまたはSpotライトが、ライトで照らされたオブジェクトに影を落とすかどうかを設定します。よりリアルなライティングを行うには、この設定をオンにすることをお勧めします。


カラー:

スフィアライトやスポットライトの光の色合いを、ビジュアルなカラーピッカーチャートから選択することで変更します。


色の濃さ:

各スフィアまたはスポットライトで選択された色の彩度を増減します。0に設定すると、真っ白な光になります。


*広さ:光の円錐の広さを調整します:

スポットライトの光の円錐の幅を調整します。値が大きいほど、光はより広い角度で輝き、値が小さいほど、光はより集中したビームに絞られます。


*柔らかさ:

スポットライトの光の輪が、外側のエッジがはっきり見えるか、薄く見えるかを設定します。ソフトネス値を大きくすると、よりフェードアウトします。


Distance:距離:

各SphereまたはSpotライトの光をどの程度遠くまで照らすかを設定します。これにより、背景の他のオブジェクトを照らすことなく、近くのオブジェクトに光を投射することができます。

- LIGHTING MODE // UI -


ナチュラルライトのカスタマイズ:

ゲーム内の自然光と環境光のカスタマイズを有効または無効にします。太陽、月、街灯などの光源に影響します。


強さ:強さを設定します:

自然光と環境光の全体的な明るさを増減します。この設定とアンビエントライトを0にすると、周囲から光を排除し、人工的なスフィアライトやスポットライトのみに頼ることができます。


標高(Elevation):

太陽や月の高さを変化させます。90°に設定すると太陽は真上に、0°に設定すると地平線まで下がります。


回転:

太陽や月を一定の高さで360°公転させ、空中の位置を変化させます。これを使うと、環境全体の光と影の方向を変えることができ、まるで1日の時間を変えるようなことができます。


アンビエントライト:

太陽や月以外の光源によるゲーム内の光の明るさを増減します。高い値を設定すると、周囲の光源からの光が多くなり、この値と「自然光の強度」を0に設定すると、周囲からの光を排除して人工的なスフィアライトやスポットライトのみに頼ることができます。


カメラを動かす:

ライティングモードでフォトモードカメラの移動を有効または無効にします。ヒント:カメラの構図を崩さずに光の配置を把握するために、一時的に広い視野の設定を使用してみてください。

- AMBIENT LIGHT // MIN MAX -


ステッカーモード


レイヤー1~10まで:

10枚のレイヤーにそれぞれステッカーを貼ることができます。レイヤー1が一番下、レイヤー10が一番上となるように、各レイヤーは前のレイヤーの上に重なっていきます。


カテゴリー:

ステッカーは、6つのカテゴリー、380種類以上のデザインから選ぶことができます。チビ、雑貨、マーベルコミック、コミックテキスト、バーストバブル、ウェブ&アクションラインの6カテゴリーです。


移動:

LSで現在のステッカーを画面上に再配置します。


回転させる:

(L1/R1)でステッカーを360°回転させることができます。


拡大縮小する:

L2 / R2)を使ってステッカーのサイズを変更します。


クリアする:

Oを押すと、レイヤーからステッカーを1枚ずつ消去します。

- SPIDER-MAN // STICKERS -


その他の設定


クロマティック・アベレーション:

画面の外周にデフォルトで適用されるカラーフリンジ効果の有効・無効を設定します。この効果を無効にすることで、画像の鮮明度が向上します。


 

コントローラーレイアウト


Subscribe to the regular newsletter for all the latest features from TheFourthFocus.com


Comentarios


Support TheFourthFocus
bottom of page